入社6年目。
専門学校卒業後、イラストレーターの道をスタートするも、2度にわたり会社が倒産。紹介を受けてダンクハーツの面接を受け「イラストレーター」として働けるなら、と入社。
自然と人が集まる空気感、「出来ない」と断らないクリエイターとしてのプライドに、立場やチーム関係なく厚い信頼が寄せられている。
忙しいときこそ、感情をぶつけることなく確固たる実力とともにチームを盛り上げる雰囲気に、上司からも部下からも「いてくれてよかった」と頼られる存在。

eighth interview

絵が描けるなら、どこでも良かった。会社の倒産が続いても、絵が描ける仕事を続けられるなら、給料や待遇は全く気にならなかった。

辞める時は会社が倒産するとき(笑)
働くならいい環境、自分からそういう環境にしたくてここに来たからこそ、頼られる奴としてここにいたい。

Go to Top