入社4年目。新卒でゲームプランナーとして入社し、3年目でコンシューマー、アプリの開発チームのプロジェクトマネージャーに抜擢される。
開発の最前線でチームを支えたクリエイターとしての経験を活かし、管理側から会社を支えるために人事としてダンクハーツへ入社。
チームを支えてきたマネージャーとしての広い視野とコミット力を活かしつつ、強い組織を作るために追及し続ける姿勢に、多くの信頼が寄せられる存在。
「DANK HEARTS AMAZING AWARD 2020」(社内表彰制度)では、2020年に挑戦、結果を残したクリエイターが集う中、
最もバリューを体現した存在として社長に認められた、No.1プレイヤー。

eighth interview

理不尽なこと、大変なことが起こるのがゲーム制作。だからこそ考える必要がないものは、全て私が盾になる。
そんな思いでチームを支えたプロジェクトマネージャーとしての経験。
人事となった今も、大事なことは大きくは変わらないし、考えるのは「開発陣の時間をどれだけ多く生み出せるか」

誰かがやらなくてはいけないなら、私がやる。このチームのメンバーを、この会社を、守りたいから。

Go to Top