MEMBERメンバー

2015年入社

ディレクター

ディレクター

野村 亘Wataru Nomura

— DHを選んだ理由
答えはシンプルで、「ゲーム作りがしたい」からです。 大学生の頃の就職活動でも、コンシューマー向けのゲーム会社を受けたりしましたが上手く行かず、一度は別ジャンルの職業に就きました。
しかし、やっぱりゲーム関係の仕事に就きたいなと思ったので転職を決意、その時に出会ったのがダンクハーツでした。
ソーシャルゲームの登場によりゲーム会社の数が増え間口が広がったとはいえ、未経験では入りづらい業界です。
実際ダンクハーツの内定が決まった際も、未経験の自分はゲーム開発の部署での内定では無かったのですが、少しでもゲーム開発の現場を身近に体験出来るということと、少しずつゲーム開発の現場のお手伝いをさせてもらえるということだったので、夢に近づく一歩だと思いダンクハーツに入社することを選びました。

— DHってどんな会社?
入社時はゲーム開発の部署では無かったのですが、少しずつ開発のお仕事を手伝わせていただき、今ではディレクターを名乗らせていただいている状況です。
ディレクターと言っても各社で色々作業の内容に差があると思います。
弊社では、作品全体のクオリティの管理を行う役目が主になります。
簡単に説明すると、作品全体の世界観を取りまとめ、イラストやシナリオ、作品に登場する視覚的な部分にズレや問題が無いかを確認することです。
自分の考えた世界やキャラクターたちを、チームのメンバーが形にしてくれる。
本当に贅沢なポジションです。
— どんな人と一緒に働きたい?
自分たちの作品を一緒に愛せて、楽しく作り上げていける人です。
これは勝手な持論なのですが、楽しく仕事を出来ていない人が、作品を手に取ってくれるユーザーさんを楽しませることを出来るとは思いません。
僕は、自分が嫌々作ったものがヒットしても素直に喜べないですし、やっぱり自分が楽しいって思いながら作ったものを、ユーザーさんにも楽しいって思ってもらいたい。
そのために、たくさん一緒に話をしてどうすれば愛される作品になるか、自分自身も作品を愛せるかを語りながら働ける人が良いです。
Entry

希望の職種をさがして
採用エントリー!

MEMBERメンバー 一覧